読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思いつき企画「俺が泊まるビジホ」番外編・「じゃあコミケ(有明行き)の時どこ泊まるよ?」一般参加向け

前回に続いて、一般参加(いわゆる「買い手」)向けに宿選びのポイントを。

今から夏の宿を取ろうとする人はさすがにいないと思う。冬に向けての情報ってことで。

繰り返しますが冬のコミックマーケット89は2015年12月29日(火)30日(水)31日(木)の開催。

一般的に宿の予約は3ヶ月前くらいからなんで、9月に入ったら当落に関わらず予約だけはしといた方がいい。

 

●大前提として

前回と同様ですがコミケで使えるホテルWikiは読んどけ。

seesaawiki.jp

 

●どうやって宿決めるん?

 まず「イベントに何日間行くのか」ひいては「東京に何泊するのか」がポイント。

 ビジネスホテルだと連泊プラン(宿によって呼称は変わる)があって、2泊3泊と同じ部屋に泊まる場合は割引がかかる。

 このとき「部屋の掃除を断る」と更に割安になることがあるので、条件等は確認しておくこと。

 

 基本は「じゃらん」や「楽天トラベル」などの旅行サイトで検索して取る。

 飛行機を使う人は往復券と宿がセットになったビジネスパックを使う手もある。

 パックプランは選べる宿が限定されるんで、別に口コミなどを検索して利便性を確認する必要がある。

 あと考慮するのは、自分の参加スタイル。

 

●何時ごろ有明に着くつもりか。

 結局のところコレかなぁ。

 コミケ運営からは「始発以降の来場」を求められているんだけど、じゃあ何時に行くのかって話。だいたい3パターンくらいですかね。

・徹夜上等

 帰れ。

・開場してからのんびり行くよ

 だいたい12時ごろ出入口の制限(一方通行など)がなくなるんで、初参加の人や雰囲気を様子見したい人はこの時間を目標に行けばいいかなぁと。
 宿の場所は、乗り換えが少なくて済むところが心理的に楽。
 地下鉄の有楽町線(豊洲または新木場乗り換え)かJR埼京線(大崎直通)、京浜東北線(大井町乗り換え)の沿線から探す。

・始発の公共交通機関で突撃

 割と場所が限られるのがコレ。
 会場先着の時間を考えると、浜松町駅前5時30分発の臨時バス、豊洲駅5時30分発のゆりかもめ新木場駅5時38分発のりんかい線のどれかになる。
 次点が大崎駅5時40分発のりんかい線と、新橋駅5時20分発のゆりかもめ。この辺までなら6時前に有明へ着く。

 乗り継ぎ時間は各駅5分くらい余裕をみといた方がいい。改札が絶対に混みます。
 東京で京葉線乗り換えなら、有楽町駅から徒歩乗り換えの方が速いし楽。
 ただし、これが使えるのは原則として有楽町より南(品川・大船方向)から来る時だけなんで注意。

 浜松町駅前からのバスはJRの始発が既に動いてる時間なんで、そのままズバリ浜松町駅周辺じゃなく山手線か京浜東北線の沿線に宿を取れば。

 ゆりかもめ豊洲始発に乗りたければ、晴海あたりに泊まって宿から歩いた方が確実。有楽町線の臨時始発では間に合わないので。

 りんかい線新木場始発に乗るには京葉線の始発か、有楽町線の臨時始発。この沿線で。

 始発の時刻は「えきから時刻表」とかで確認する。
 コミケ時期は臨時便が出ることもあるんで、各鉄道会社のサイトを随時チェックしておきたい。

 

●宿周辺の設備は?

このへんはサークル参加者と変わらないんじゃないかと。
・駅から宿までの道が平坦かどうか。
・周囲にどんな店が、どのくらいあるか。
 一般の場合、コンビニのほかに100円ショップがあると便利。

 

●宿自体の設備で気をつける点は?

これもサークル参加者と同様かな。
・部屋に洗濯機、あるいはホテル内にコインランドリーがあるか。
・部屋で無線LANが使えるか。
・朝食を付けるかどうか。

 朝食は提供開始時間による。

 宿によっては、サンドイッチの類をフロントで渡す(それを部屋で食う)ところもあるんで、そういうホテルなら貰ってから出発する方法もある。

 

では次回、おススメの宿とか駅とかを。